オーディオユニオン新宿店内のネットワークオーディオ館よりお届けするネットワークオーディオ情報!




皆様、こんにちわ。オーディオユニオン新宿店/ネットワークオーディオ館の笹沼でございます。


オーディオユニオン新宿店は本日、6/18(日)にて新宿3丁目カワセビル8Fでの営業を終了致しました。6/24(土)に移転先の新店舗でのオープンを迎えます。本日が旧店舗での最後の更新でございます。色々な思い出がございますが、ポジティブに新店舗にエネルギーを向けたいと思います。


今回は DIANA KRALL 「Turn Up The Quiet」をご紹介致します。



1964年カナダ、ブリティッシュ・コロンビア州ナナイモ生まれ。

ピアノを弾く父親と教会で歌う母親のもとで、幼少からピアノを始める。15歳の時に母親の勧めでオーディションを受け、バンドに加入。ナット・キング・コール、エラ・フィッツジェラルドらを聴いてジャズに傾倒し、学金を得てバークリー音楽大学に進学。在学中はデイヴ・マッケンナ、ジミー・ロウルズからジャズを学んだ。卒業後は母国に戻って演奏を続け、ベースの巨人レイ・ブラウンの助言を受けて、米西海岸で活動。シンガー&ピアニストとしての経験を積んだ。1990年からニューヨークへ拠点を移し、93年に母国のJustin Timeからデビュー作『ステッピング・アウト』をリリース。


2000年代に入ると、名門 Verveレーベルに移籍し、第 1 弾『ザ・ルック・オブ・ラヴ』ではバラードとボサ・ノヴァで魅力を拡大。私生活では 2003 年にエルヴィス・コステロと結婚して、2006年に双子に恵まれている。

2004年作『ザ・ガール・イン・ジ・アザー・ルーム』はコステロとの共作が収録曲の半数を占め、クラールの
新境地を開拓。クレイトン=ハミルトン楽団を迎えた 2006年の『フロム・ディス・モーメント・オン』を経て、2009年には再びオガーマンが参画したジャズ・バラード&ボサ集『クワイエット・ナイツ』をリリース。


2009年のバーブラ・ストライサンド盤でプロデューサー業に進出すると、ポール・マッカートニーの2012年作にピアノと編曲で参画。同郷出身でグラミー16度受賞という大御所プロデューサーであり、所属するVerveレーベルのトップを務めていた(2016年に退任)デイヴィッド・フォスターと初めてタッグを組み話題となった新作『ウォールフラワー』では、ダイアナ本人が親しんだポップスの名曲を取り上げたほか、あのポール・マッカートニーが書き下ろした新曲を収録し話題となり、全米アルバム・チャート6位を記録し、作家の村上春樹氏も自身のブログで紹介するなど話題となった。


2017年5月に新作をリリース。


                  
         (moraより) 

                                                    


Artist: DIANA KRALL
Titel: Turn Up The Quiet
Label: Universal Music LLC
商品番号: 00602557466737
Spec: 192.0KHz/24bit FLAC
発売日: 2017/05/05

                  


 




前回のアルバム「Wallflower (Deluxe Edition)」が非常に出来が良かったので、どうかなと思い購入しましたが非常に良かったです。192KHz 盤を購入致しました。ベース等の楽器の音の粒立ちが良く、店内の新たな試聴データ音源として使用しております。最後にカワセビル8Fの新宿店に足を運んで頂きました


お客様大変ありがとうございました。新店舗でも変わらぬお引き立てをお願い致します。


それでは皆様、ハイレゾ音楽ライフをお楽しみ下さいませ。


 



皆様、こんにちわ。オーディオユニオン新宿店/ネットワークオーディオ館の笹沼でございます。

先日、LINN PRODUCTS ギラード・ティーフェンブルン社長 が来日され、新型 EXAKT Systemの発表会が開催されましたので行って参りました。


現在の LINN が誇る 「EXAKT」 と 「KATALYST」 テクノロジーの融合をテーマに新型システムの発表が行われました。昨年9月に発表された「KATALYST」が非常にクオリティーが高かくユーザーに受け入れられたことは記憶に新しいですが、KATALYST - DAC を EXAKT システムに導入したリファレンス KLIMAX EXAKT 350/1 が誕生致しました。


                       



                                    


■ KLIMAX EXAKT 350/1


形式 : 5 way Aktiv スピーカー
定価  : 8,100,000円 (税込)
サイズ : W404 D482 H1130 mm / 重量:71.0Kg
パワーアンプ部 : 2 x 1000W,2 x 400W,2 x 100W (4Ω)
消費電力 : スタンバイ時 0.05W 以下,再生時 250W 以下



会場では 旧型 KLIMAX EXAKT 350 と 新型 KLIMAX EXAKT 350/1 を比較試聴を行いましたが圧倒的に、 新型 KLIMAX EXAKT 350/1 に軍配が上がりました。細かな再生音は勿論、旧型で物足りなかった音の奥行きや堀の深さなど素晴らしいハーモニーを奏でました。シンプルなシステムでのクオリティーは反則だと思いました。2013年に登場した EXAKT System にも感銘を受けましたが今回はそれ以上です。

ギラード社長が仰っておりました。「私たちはデジタル再生のほぼ 90% は
完成している。残りの 10% に内、例え 1.0% でも改善すればデジタルの世界は変わります。私たちは今後、残りの部分を追求していきたいと思います。」この言葉には久しぶりにビビットときました。
ほんの 数% の改善によって奏でる音がより素晴らしくなる。数字上では僅かなものですが、ユーザーとして非常に頼もしく感じました。KINN DS の今後の音質改善に期待大でございます。


それでは皆様、ハイレゾ音楽ライフをお楽しみ下さいませ。


 




皆様、こんにちわ。オーディオユニオン新宿店/ネットワークオーディオ館の笹沼でございます。


サッカー日本代表は何とか勝ち点をつみあげましたが、内容は褒められたものではないと思います。つまらないミスが多すぎます。所属クラブで試合に出ていない選手は難しいと感じました。世代交代を予感させる2連戦でした。


今回ご紹介させて頂くのは、酒井法子さんのハイレゾシングル 「のりピー音頭」 でございます。30周年を記念してのシングル再編成企画第1弾。デビューシングル「男のコになりたい」から「モンタージュ」までの18曲プラス、「のりピー音頭」の全19曲を配信。


                                         (moraより)



1986年(昭和61年)にアイドルとしてデビュー後、自らを「のりピー」と名乗っていた。同時に「ヤッピー」「いただきマンモス」「うれピー」といった独特の言葉の「のりピー語」も流行させた。デビュー当時のキャッチフレーズは、「おキャンなレディ」。                                                                                                                       (Wikipediaより)



Artist: 酒井 法子
Titel: のりピー音頭
Label: Victor
商品番号: VE5HD-26127
Spec: 96.0KHz/24bit FLAC
発売日: 2017/02/15

                                                               


作詞:森 浩美 作曲:馬飼野康二 編曲:竹村次郎
盆踊りシーズンに向けて“のりピー”名義でリリースされた企画シングル。のりピーちゃんをあしらった浴衣を着て「ピッ、ピッ、ピッ」と歌い踊る姿は大きな反響を呼んだ。カセットテープのみの発売で、オリコンのカセットチャートでは最高28位のロングセラーを記録。こういう異色作も難なく自分のものにできるところが酒井法子の強みと言えるだろう。
                                                   (オリジナルリリース日:1988年7月6日)


 


◆本作品は16bit/44.1kHzのマスター音源をビクタースタジオ FLAIRが有するオリジナル技術『K2HDプロセッシング』を用いハイレゾ化した作品となります。


 



個性的な歌詞と一瞬雪だるまを想像させるジャケット、酒井法子さんのシングルの中でも強烈な印象が残る曲のひとつです。当時はアイドルが歌っていいのかなと思うぐらい良く言えば新鮮でした。カナル型イヤホンで聴いたら耳に残りそうです。

それでは皆様、ハイレゾ音楽ライフをお楽しみ下さいませ。




皆様、こんにちわ。オーディオユニオン新宿店/ネットワークオーディオ館の笹沼でございます。


大相撲春場所は、「新横綱 稀勢の里」の負傷を押しての出場で奇跡の逆転優勝という興奮の中で閉幕致しました。負傷した時休場かなと個人的には思いました。14日に強行出場し敗れたので優勝は難しいなとおもいましたが、千秋楽は本割、優勝決定戦と連勝して見事に逆転優勝を掴み取りました。新横横綱の責任感をしての負傷を押しての強行でしたので次の場所までの無事回復を祈ります。


今回ご紹介させて頂くのは、酒井法子さんのハイレゾシングル 「男のコになりたい」 でございます。30周年を記念してのシングル再編成企画第1弾。デビューシングル「男のコになりたい」から「モンタージュ」までの18曲プラス、「のりピー音頭」の全19曲を配信。                                                
                            (moraより)

 


1986年(昭和61年)にアイドルとしてデビュー後、自らを「のりピー」と名乗っていた。同時に「ヤッピー」「いただきマンモス」「うれピー」といった独特の言葉の「のりピー語」も流行させた。デビュー当時のキャッチフレーズは、「おキャンなレディ」。                                               
                          (Wikipediaより)




Artist: 酒井 法子
Titel: 男のコになりたい
Label: Victor
商品番号: VEAHD-11575
Spec: 96.0KHz/24bit FLAC
発売日: 2017/02/15


作詞:三浦徳子 作曲:Frankie T. 編曲:萩田光雄
歌手・のりピーの歴史はこの曲から始まった。本人がCM出演していたグリコ“キャンレディー”のイメージソングに起用された本作は、オリコン最高6位をマーク。前年からモモコクラブのメンバーとして人気を集めていたこともあり、デビュー後わずか2週間で『ザ・ベストテン』(TBS系)の10位にランキングされるスタートダッシュを記録した。一世を風靡したのりピー語を思わせる「Pi!Pi!」のフレーズが楽しい。カップリングは、少女の心情をマイナー調で聴かせる「ワガママ・シンドローム」(作詞:森 浩美 作曲:緑一二三 編曲:萩田光雄)。
              (オリジナルリリース日:1987年2月5日)


◆本作品は16bit/44.1kHzのマスター音源をビクタースタジオ FLAIRが有するオリジナル技術『K2HDプロセッシング』を用いハイレゾ化した作品となります。


 



酒井法子さんのデビューシングルです。こんな時代もあったのですね。懐かしさと微笑ましさがいりまじります。アイドルだなとで再認識致しました。


それでは皆様、ハイレゾ音楽ライフをお楽しみ下さいませ。

 


皆様、こんにちわ。オーディオユニオン新宿店/ネットワークオーディオ館の笹沼でございます。


WBCは守備のミスで敗北してしまいました。とても残念です。投手力は世界一だと思います。侍ジャパンの皆様感動をありがとうございました。


今回ご紹介させて頂くのは、酒井法子さんのハイレゾシングル 「1億のスマイル ~PLEASE YOUR SMILE~」 でございます。30周年を記念してのシングル再編成企画第1弾。デビューシングル「男のコになりたい」から「モンタージュ」までの18曲プラス、「のりピー音頭」の全19曲を配信。                                                                                                                                           (moraより)


1986年(昭和61年)にアイドルとしてデビュー後、自らを「のりピー」と名乗っていた。同時に「ヤッピー」「いただきマンモス」「うれピー」といった独特の言葉の「のりピー語」も流行させた。デビュー当時のキャッチフレーズは、「おキャンなレディ」。                                                                                                                                  (Wikipediaより)



Artist: 酒井 法子
Titel: 1億のスマイル -PLEASE YOUR SMILE-
Label: Victor
商品番号: VEAHD-11581
Spec: 96.0KHz/24bit FLAC
発売日: 2017/02/15

                                                                                  


作詞:森 浩美 作曲:飛鳥 涼 編曲:船山基紀
本人もCM出演していたライオン“Ban16”のイメージソングで、オリコンでは自己最高の2位をマークした6thシングル。アイドルポップスの王道ともいうべきハッピーなナンバーで『ザ・ベストテン』では5週連続のベストテン入りを果たした。作曲は当時、光GENJIへの作品提供でヒットを連発していた飛鳥 涼(現ASKA)。カップリングは、片思いを紙飛行機に託した「窓際の恋飛行 -水曜5時限目-」(作詞・作曲:ASKA、編曲:十川知司)。
(オリジナルリリース日:1988年5月18日)


◆本作品は16bit/44.1kHzのマスター音源をビクタースタジオ FLAIRが有するオリジナル技術『K2HDプロセッシング』を用いハイレゾ化した作品となります。


 



当時のCMを思い出し懐かしくなりました。WBC敗戦のショック為多くを語れなく申し訳ございません。


それでは皆様、ハイレゾ音楽ライフをお楽しみ下さいませ。

カレンダー
05
2017/06
07
 
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
オーディオユニオン - ネットワークオーディオ館
バーコード
Copyright © blog-pc-audio.audiounion.jp All Rights Reserved. 忍者ブログテンプレート